お奨め電動自転車 ママ用シニア用 ビジネス用の1台比べて選ぶ電動自転車モータ力2倍の新基準対応モデル Panasonic 超高級電動自転車
電動自転車の選び方
選び方
1

女性・シニアは20kg以下の電動自転車を

admin
  • 女性やシニアには、軽い電動自転車がおすすめです。 20kg以上になると、やや重い感じななります。 18kg位の電動自転車 なら、バッテリー切れでも普通の自転車と遜色なく走れます。
  • 電動自転車はバッテリーの分だけ、普通の自転車より若干重くなりますので、 電池切れでも足こぎできるような重さのものを選びましょう。
  • 買い物や30kmほどの通勤なら、 26インチで7万円代の軽快車やシティ車がおすすめです。
  • ちょっと見栄っ張りでおしゃれにもというママには、9万円台のクラシック調の軽快車 がグーです。
  • ミドル・シニアの「こだわり派」には、発進はスムーズに、坂道ではよりパワフルにすることで快適なオートエコモード付きの ブリジストンのアシスタシティスーパーリチウム [AC7SL8]が最適。
  • 「スポーティーに」という人は26インチのマウンテンバイク風(99,800円) が人気。
  • 電動自転車で、価格かつ性能と安心も加味すれば、パナソニックとサンヨー、ブリジストンのブランドがおすすめです。
  • 電動自転車の価格は、バッテリー充電池によるところが大きく、パナソニックはその点でも、 価格的・性能的そして省エネ(つまり長持ちする)で他社を凌駕しています。
電動自転車の選び方
選び方
2

電動自転車はバッテリーで選ぶ

ニッケル水素は安いがあまり遠出しない人、
  • パナソニック電動自転車のバッテリーには、リチウムイオン、ニッケル水素の両タイプが採用されています。 リチウムイオンバッテリー充電池の方が、走れる距離が長くなります。
  • ニッケル水素は価格が安いので、あまり遠出しない人には、お勧めです。
    ニッケル水素モデルの一部には、自動リフレッシュ機能が採用されています。 このバッテリータイプだと、寿命が縮むことなく使うことができます。 カタログ上では、アルフィットシリーズのみに、この自動リフレッシュ機能が付いているようです。 ニッケル水素バッテリータイプのご購入の際には、この点を確認してみてください。
  • パナソニック電動自転車のリチウムイオンバッテリー充電池は、4.0Ah、8.0Ahが採用されていて、 他社より大容量なのが魅力です。 高級モデルのエコモードでは、1回の満充電で最高130kmの走行が可能です。
  • リチウムイオンのバッテリーは普通のバッテリーに比べて充電回数に比例して充電する量が減っていく (メモリー効果と言います)事が少ないのもメリット。
  • 電動自転車のバッテリー充電は、出来るだけ使い切ってからの方が長持ちします。
  • 充電の電気代はほとんどかかりません。1回の充電は約5~10円!。 普通の電動自転車で、1回の満充電で20~50kmは走れます。 1か月で5回の充電でも、たったの50円です。
    電気代は考える必要がないくらい、電気自転車は経済的です。
    会社や家でも、ちょっとして移動は、電気自転車にしましょう!